北九州七つの海景ツアー・レポート

高野虚石の吟行10句

2017年師走:16日 帰らなむ いざ

                                           
高野圭介 編



柿一つ枝の主なり普賢岳       虚石


島原の道は真っ直ぐ凍てついて   虚石


帰らなむネットの碁敵暖の中     虚石






おくんちの帰路の記憶や土石流     虚石

 


除福翁寒風すさぶ丘に立つ    虚石

 


寒カモメ島原天草煙る中   虚石

 

冷雨にも天草四朗はなお生きて    虚石





吉野ヶ里横目に凍路まっしぐら      虚石


 


着ぶくれの太りかひやひや体重計     虚石

 


誰が為に寒さに光るか博多駅      虚石