淡水句会

2019年6月20日





                                  高野圭介




仲間内のとてもアトホームな会である。挨拶などは顔を見るだけでOK。

欠点はそれだけに、時間的にルーズになってしまっている。











当日の入選作


一人10句出句・全100句内   中杉隆世 選

特撰
梅雨の星も少し生きて仰ぎたし   山田早弓

 入選  
王羲之の永字八方夏館      高野虚石

 入選  
蘭亭や墨蹟競う風涼し      高野虚石

 入選  
花茣蓙を敷けばリビング涼しさよ  大森 尚








 



 


二次会は男性だけで小1時間。すっかりうち解けて散会