「青   春  訓」

青春とは心の若さである      サミュエル=ウルマン・作


                        宇野 収・訳




青春とは人生のある期間ではなく、心の持ちかたを言う。

薔薇(ばら)の面差(おもざ)し、紅(くれない)の唇(くちびる)、しなやかな手足ではなく、

たくましい意志、豊かな想像力、炎(も)える情熱をさす。

青春とは人生の深い泉の清新さをいう。


青春とは臆病さを退ける勇気、安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。

ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。


年を重ねただけでは人は老いない。理想を失うとき初めて老いる。  
 
歳月は皮膚にしわを増すが、情熱を失えば心はしぼむ。

苦悩・恐怖・失望により気力は地に這(は)い精神は芥(あくた)になる。


60歳であろうと16歳であろうと人の胸には、脅威に魅(ひ)かれる心、

おさな児のような未知への探究心、人生への興味の歓喜がある。

君にも吾にも見えざる駅逓(えきてい)が心にある。

人から神から美・希望・よろこび・勇気・力の霊感を受ける限り君は若い。


霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ、悲嘆の氷にとざされるとき、

20歳であろうと人は老いる。頭(こうべ)を高くあげ希望の波をとらえる限り、

80歳であろうと人は青春にして已(や)む。