兵庫県アマ囲碁名人戦A級で初優勝

中浜孝ノ輔さん




                                            高野圭介 編


兵庫県

名人


2019年6月2日に神戸市中央区で開かれた
第63回兵庫県アマ囲碁名人戦(神戸新聞社主催)。

県内の予選を勝ち抜いた強豪ぞろいのA級を制し、初の栄冠に輝いた。
関西棋院のプロ養成機関・院生に2月まで所属していた18歳は
「優勝するつもりで来ていた。勝てて良かった」と笑顔を浮かべる。




決勝戦の相手も元院生の16歳だった。落ち着いた形からスタートし、
中盤あたりまで互角の激闘を展開。その後、
相手のミスで得た流れを手放さず勝利をものにした。


囲碁との

出会い


囲碁とは小学4年、9歳の時に出合った。自宅の近所の教室へ。

(宗佐田和男氏が妙泉寺クラブで、(金・土・日)午後1時から
指導していた頃、金曜日には授業終わると走って勉強に来ました。)

この教室で力をつけ、小学6年の頃には「プロになりたい」と思うようになった。


院生から

プロへ


中学1年の終わりごろから関西棋院のこども囲碁道場高等部に通い、
中学2年の2月には院生になった。
プロ棋士の卵がしのぎを削る厳しい世界に4年間身を置いたが、
年齢制限で退会となった。

それでも囲碁を愛する気持ちは変わらず、
外来試験を通してプロ棋士になるべく現在も猛勉強中だ。

「囲碁は、この局面でこうしたいからこう打つという
“表現力”が強くなるほど向上する。それが楽しい」と語り、
プロ試験に向けて「今回の優勝は弾みになる」と喜ぶ。


 現況

 
現在は、勉強の傍ら、同棋院のこども囲碁道場で講師を務めることも。
「子どもたちに対し、より強い先生でありたいので
一つ結果を出せてうれしい」とほほ笑んだ。

現在は神戸市長田区で家族5人暮らし。






中浜君の略歴




                          宗佐田和男 記述

 
デビユー

 
 
平成21年10月4日小学3年生の時、初めて私の教室に参加


平成25年3月24日ゆうちょう杯Aクラス優勝 2段認定
25年6月2日 日本棋院3段 (3月24日から3ヶ月で)


院生

 

27年1月25日院生生活(院生の下のクラス)関西棋院
27年2月24日8級から6級に昇給したが28年2月6日再度8級

29年年賀5級(高校)その後2級までで、年齢制限で退会。


韓国へ

 

今年の1月からの消息は不明なので、電話口の母親に聞くと、
今もプロを目指しているそうだが、これくらいでは恥ずかしい」「との事でした。

令和元年8月23日、しあわせの村から帰宅し、母親に電話すると、
今は仲邑菫さんが指導受けた韓国の道場に行っていますの事でした。

好青年の将来が楽しみです。