心安らかにあれ



                                                           
 高野圭介 編集

菜根譚をヨム

人生の指針


菜根譚の趣旨は「心安らかであれ」というのだった。
曰く「心安らかならば粗末な家でも安らかに暮らせる。
堅い菜根でも美味しく感じられる。」と。
 
菜根譚には300余りの人生訓が集められているが、
この人生訓には哲学や禅の詩情が溢れている。
心を磨く智慧は人生をよく生きる標だ。


私も米寿を迎えて、
晩年をよく全うするためにどれ程の糧となろうかと、
菜根譚に取り組んだ。



 1


品格を磨く


 過去の過ちを根に持たない。・・・寛大な心

   人の小さな失敗を責め立てない。
   人の秘事を暴かない。
   人の過去を蒸し返さない。

ありのままに生きる。

   徳を極めた人とは、一見普通の人と変わらない。
   ただ、ありのままに生きているだけである。
   自分を飾ろうともせず、人の値踏みもしない。

 
2

よりよい人間関係を築く。


 賢い愚か者になる。・・・難得糊塗

   愚鈍を装うとき、愚か者に徹せねばならない。
   聡明であるときは堂々と本来の聡明さを示す糊塗だ。

小人とは争わない。

   小人は将来の大人物かも知れない。小人と争うな。
   人徳のある人におべっかをするな。彼はお見通しである。


3


心に安らぎをもたらす。

 

人の評価は晩節で定まる。

   最後に笑うものが最も良く笑う。
   老年は爽やかな人生の夕暮れを楽しもう。
   晩年とは沈み行く美しい夕焼け空の夕日である。

 学んで徳を修める。

   学ぶだけでは問題で、学んだ先のことが問題である。
   先に威厳を示し、徐々に優しさの緩急を示すこと。
   謙譲の美徳も度を過ぎず、ほどほどに。


4


正しい道を歩む。

 

心の声に従う。

   人生はすべてに世俗に流されやすいものである。
   学のある者はそうした俗を排し、心の声に呼応して
   集中力で、本来の理性を取り戻し、真っ当に生きる。

バランスを保つ。

   天の示すバランスとは自然の道理に基づいた法則で、
   人生は足らざるところを求めていって、完璧に近づく。
   このような生き方こそ、人生の大きな智慧であろう。


5


人生を考える。

 

楽しみながら学ぶ

学びて時にこれを習う。朋あり遠方より来たる。また楽しからずや

子曰、學而時習之、不亦説乎、有朋自遠方来、不亦樂乎、
・・・論語・学而篇より・・・

   人の心は本来楽しむように出来ている。
楽しみながら行えば、物事を成就させる要諦である。
こだわりのない自由な生き方の極意である。

自分で道を拓く。

   天の将に大任をその人に降ろすとするや、試練を与える。
その人は逆境の中で鍛えられる。自分の道を歩め。
平常心で天命を迎え、天は自ら助くる者を助く。