北九州七つの海景ツアー・レポート

高野虚石の吟行 四十句

2017年師走:14.15.16日

                                             
高野虚石(圭介) 詠




今は昔。1980年の頃、三階高野で訪れた懐かしの島






14日のツアー




暦には囲碁の初打ち予定表  虚石





生月島絶壁の上で


本州の最西端と寒空に   虚石

 


爽やかな添乗員・嵐宏美さんと運転手・山本上次さん・・・ご両人とも選りすぐりの方でしょう。

稜線の寒気降り来る漁の浜   虚石

 

15日のツアー
 
第二日 平戸から雲仙へ




歳の暮れ碁盤なくとも打ち続け  虚石




凍土にもソーラー発電たじろがず    虚石



60年も前、新婚旅行で泊まった同じ富貴屋とは。思い出深い地獄風景




地獄めぐりその日の朝も寒かりき        虚石


 
 

16日のツアー



寒カモメ見送り乱舞いたみいる  虚石


 


凍てし道地図も知らぬほど呆れてる       虚石



鳥一羽師走の空に何思う       虚石


博多駅のイルミネーション・・・松村綠さまの情報で・・・



寒筑紫あまねく結ぶ百の橋      虚石