一 通 百 通

蘇州名人教授碁会雑感



                                                          高野圭介

活気溢れる蘇州  
蘇州へは3回目の訪問である。
 最初は1996年だからざっと10年前、2回目は5年前ぐらいだったかな。
今回まで10年間で、蘇州ほど大きく変わったところを知らない。

 たとえば、ある大名が新しい土地に封じられた。
その大名は5年間無税とするような善政を敷いて、
門前市を為したというような変化によく似ている。




西山風景区・実験中学生


蘇州の

囲碁大会


(Link here)


本来の目的・囲碁大会のことだ。

もう、六回目の参加になった名人教授杯大会は
顔なじみになった殆どの方と親身な感じになってきた。



驚くほど上達が凄かったのは何香濤チェアマンだった。
唐騰さんは相変わらず時間いっぱいの頑張りがすざまじい。
余昌民さんは明るい碁で、さすが、取りこぼしが少ない。



本戦・第3局・満場を沸かせたが、
及ばず
、劉孝同に白番半目負け。

太極拳
私は毎朝、5時半頃から公園を訪ねた。

とびきり美しい公園は東の百花州公園で、数カ所で、太極拳をやっている。
他にも、三香公園とか、散在する朝の公園は結構な人出で、
思い思いにいろんな体操や雑談を楽しんでいる。

     
日中関係
中国の碁友とは誠に友好第一の素晴らしい関係にある。

 新聞紙上に、中国のジャーナリズムは「日中関係出現改善征兆」と報道し、
安部政権に対して、若干の好感を感じる。

しかし、最近の中国はキビシイとか