対局着眼要点

打ち碁理論の集大成に代えて



                                                高野圭介


全局通しての着眼点


 対局に際しての心構えというものがある。
綠星学園・菊池康郎先生の言葉で、囲碁界で注視の作法である。

「好きなように打つこと」・・・碁を創るちからで、自分流に徹する。
碁盤を前にしては、しばしの沈思黙祷で平常心に浸らす


盤外の戦い


1.気合い充実。   自分を信じ、相手を怖れない精神を醸し出す。

2.姿勢を正す。  碁を打つ時の姿勢。盤上の石の姿。この双つ。


基本に忠実


1.着手の三悪 
  やたらアテ。 ダメヅマリ。 下手コスミ(アキ三角)。

2.着手の三善 
一間トビ。ポン抜き30目。ケイマのツケヌケ(ツケコシ)。

但し、双方とも、8割は額面通りで、2割は逆が正しい


盤全体に配慮


1.攻めは弱い石にするが、もし活きている石を巧みに攻められたら最高。

2.形勢判断。単なる地の計算ではない。石の形・姿に不備はないか。


1.布 石


1.布石・・布石は碁の土台です。一に空き隅・二にシマリ。三にヒラキ。

中央指向で取りあえず4線。

A 石の方向
 弱い石に最大の注意を払うこと。
弱い石から弱い石へ眼を向けるのが極意。

強い石の傍はいつでもどこでも価値が低い。
何故かというと石は相手に脅威を与えなければならないのに、
危険な石が無いからである。

脅威の無い石はムダであり意味が無い。その意味で、
自分の弱いところから相手の弱いとことへ向かう場所がベスト。

B 立体感
立体感の模様。三線は敗線。(ペッタンコはダメ)

 C 定石
定石は布石の一部分です。

布石の流れに添うて、石が接触していきます。
隅の石の応接は古来から研究されてきました。
それを定石と呼びます。

定石は、ギリギリの最小限の石数で、変化のサンプルで
筋と形の宝庫でもあります。

とはいえ、定石も生きもの。日ごと進化しています。




2.中 盤

 

 中盤の花形はツナギとキリ。

 A 死活
碁のベース。「碁は盤中詰めもの」とは橋本宇太郎。

B 戦い
攻めとシノギ。又攻め合い。セキ。

C 石の動き
間トビに悪手なし。攻めはケイマ、眼形はコスミ

D 筋と形
「本筋と俗筋」「形に就く」「形が崩れる」

E  先手
先手と後手。又後の先。また、手抜きと間に合わせ。

F コウ
絶対コウ。死活のコウ。シノギのコウ。二段コウ。



3.終 盤

 
 
 
ヨセに入ると急に二線が急浮上


A 大ヨセで碁を制す


B ヨセも力なり

 
C 先手のヨセ。


E 計算のヨセ。